特別貸付

特別貸付は、次の5つの種類に分かれています。

1.入学貸付 組合員又はその被扶養者(被扶養者でない子を含む)の入学時にかかる費用(学校教育法第1条、第66条、第124条及び第134条に規定する高等学校、中等教育学校(後期課程に限る)、高等専門学校、大学、専修学校、各種学校)
2.修学貸付 組合員又はその被扶養者(被扶養者でない子を含む)の修学中にかかる費用(上記の学校と同じ)
3.医療貸付 組合員又はその被扶養者の長期療養(1カ月以上の入院)にかかる費用
4.結婚貸付 組合員、その被扶養者又は被扶養者でない子、孫若しくは兄弟姉妹の婚姻にかかる費用
5.葬祭貸付 組合員の配偶者、子、父母若しくは兄弟姉妹又は配偶者の父母の葬祭にかかる費用

貸付金の限度額及び必要書類

貸付種類 貸付金の限度額 添付書類
(「経費の内訳書」の他に下記の書類が必要です。)
入学貸付 200万円(給料の6月分)※1 合格通知書の写し
入学案内書(入学金又は授業料が確認できるもの。領収書不可)、賃借契約書(家賃等が確認できるもの)の写し
続柄の確認書類
修学貸付 修業年限を限度に年間180万円(2~3月に申込んだ場合に限ります。以後一月遅れるごとに申込金額は15万円減額となります)※1、2 在学証明書
入学案内書(入学金又は授業料が確認できるもの。領収書不可)、賃借契約書(家賃等が確認できるもの)の写し
続柄の確認書類
医療貸付 100万円(給料の6月分) 医師の診断書の写し
結婚貸付 200万円(給料の6月分) 正式の式場予約領収書の写し又はこれにかわる証明書
組合員との続柄を証明する書類
葬祭貸付 200万円(給料の6月分) 死亡診断書(又は火葬許可書)の写し
※1 最高限度額を設定していますが、入学案内書等で確認できる費用のうち、自己資金で不足する分の範囲内で申込んで下さい。
※2 修学貸付については、通常修業年限の間は毎年申込むことができます。
(例、4年制大学の場合 180万円×4回=720万円)

内容等について

借受資格 組合員資格を取得した日から借受けられます。
措置制度 入学貸付については、修業年限を限度として元金据置が可能です。
修学貸付については、修業年限を限度として元金据置が可能です。
貸付時期 入学・医療・葬祭貸付については随時貸付です。(申込書到着後一週間程度で貸付け可)
修学・結婚貸付については毎月末日の貸付けとなります。
貸付制限 入学貸付については、入学者1人につき、高等学校等または高等専門学校入学時に1口、大学・専修学校・各種学校のいずれかに入学時に1口の貸付けとなります。(最大合計2口まで)。
高等学校入学の場合は、原則として100万円を限度としています。
修学貸付についても、修学者1人につき、高等学校または高等専門学校で修学時に1口、大学・専修学校・各種学校のいずれかで修学時に1口の貸付けとなります。

使い方ガイド

PageTopPageTop

メニュー

メニュー