人間ドックのお申込みについてのお願い

①新様式の「人間ドック(日帰りコース)の予約セット」を使用してください。

 

  旧様式(緑色の用紙)の「人間ドック利用申込書」で提出されますと、予約済か否かが不明のため、新様式

 を使用してください。

 

 

②予約は受診日までの間に1ヶ月以上空けてください。また、予約を取った後は、すぐに利用申込書に記入の

上、所属所共済組合事務主管課まで提出してください。

 

  受診日までに本人の手元に健診機関からの受診セットが届き、当日までに大腸検査の検体(2回が多い)が

 確実に取れる日数が必要なためです。

 

 

③健診機関へは必ず電話で予約をしてください。インターネットでの予約はしないでください。

 

  一部インターネットで予約できる健診機関もありますが、共済組合が健診機関と契約している予約方法では

 ないため、健診機関で共済組合の組合員と把握できません。共済組合が指定している検査内容以外は全額自己

 負担となりますのでご注意ください。

 

 

④オプション検査を選択する上での注意点

 

  希望選択検査(乳房・子宮・前立腺・肺がん検査)の中から1項目を選びます。

  2つ以上の検査を希望する場合は、最も金額の高いものをオプション扱いとし、残りは全て自己負担となり

 ます。

  健診機関によっては基本検査項目に含まれている場合があります。また、一部希望する選択検査を受診でき

 ない健診機関もありますので、「きょうさいOSAkA4月号」または「共済組合ホームページ」をご確認の

 上記入してください。

 

 

⑤被扶養者の予約について

 

  予約セットの用紙は、所属所共済組合事務主管課に置いていますので、組合員の方に取り寄せてもらうよう

 にお願いします。

 

 

⑥日程変更・取消について

 

  受診者が健診機関の日程変更・取消をするときには、健診機関に連絡後は、所属所共済組合事務主管課に連

 絡をしてください。共済組合には連絡は不要です。

 

 

⑦健診機関の予約状況について

 

  一部の健診機関において、予約の取りにくい状況となっています。毎年1月から3月は受診者が非常に多く

 なり、予約の取れない健診機関も出てきます。

  平成29年度の人間ドックの受診期限は、平成30年3月31日までですので、年度内の受診を希望される

 方は、お早目に健診機関にご予約をお願いします。

閉じる

PageTopPageTop